長距離 引越し

おすすめの長距離の引越し業者の選び方

引越し業者はどこも同じと思っていないでしょうか、最近は引っ越し業者もどんどんと厳しい競争の中に入ってきているので、どこに依頼しても似たようなものと考えている人も少なからずいるかもしれません。ですが、サービスがどんどんと競争によって多様化しているので、依頼する業者によって価格もかなり違うケースも出てきているので、得意不得意も業者によってあるので、いい引っ越し業者を選ぶこと、自分の引っ越しのタイプに強い業者を選ぶことは大切になってきているといってもいいでしょう。特に長距離の引っ越しとなると、料金も高くなりますし、時間もかかるわけですから、いい業者を選ぶことはとても大切になります。ここではおススメの引っ越し業者の選び方について解説していきます。

ネットをフル活用して、業者を比較しましょう

ネットを利用することがいい引越し業者を見つけるカギです。どんどんとネットを活用して自分の引っ越しに合いそうなところを見つけるようにしましょう。長距離の引っ越しとなると、渋滞などで料金が変わってくるようなことも考えられます。移動距離や輸送方法、曜日や日時などによっても料金が変わることはよくあります。自分がいつ引っ越しをするのか、どれだけの量の荷物があるのかなどによって業者も利用する輸送手段を変えたりもしますから、自分の引越しがどういうものなのかを考えて、それに合う業者を見つけるようにしていきましょう。短距離に強い業者もあれば、長距離に強い業者もあります。大手などは比較的長距離に強いということはいえるかもしれません。中小の業者は近距離が得意ですが、長い距離でも依頼できるところもあります。

無料の見積もりで、業者の対応力を見よう

見積もりは無料で依頼出来ますから、いくつかの業者に見積もりを依頼して、それぞれの対応力をみるようにしましょう。勿論、料金もこれで出てきますから、料金でも比較することが出来るようになります。引越しの時には不用品が出てきたりもしますから、そうしたものを引き取ってくれるのかどうかなども質問するといいでしょうし、それが別料金となるのか、料金に含まれるものとなるのかなど細かい質問をぶつけることで、業者の対応力も見ることが出来ます。最終的には見積もり結果の料金と合わせて、どこに依頼をするのかを考えることになるのですが、料金だけではなく、こうした対応力も評価の対象とすべきでしょう。分かりやすい対応をしてくれているところほど、選ぶ価値はあるということがいえるかもしれません。それだけ社員教育も出来ているという証でもあります。

長距離 引越し

長距離で引越しをするための基礎知識

引越し作業そのものが大変でなおかつそれなりに料金がかかるというイメージを誰もが持っていますが、長距離となると漠然と高いのだろうと考えている方も少なくありません。料金は利用する人員や荷物の量や距離で決まりますから、状況によっては数十万円以上もかかってしまう事があります。引っ越さなくてはいけない時には、いつ頃引っ越すのか、荷物の量はどれぐらいなのか、家族なのか単身なのかをリストアップしておきましょう。見積もりに関しても一社だけでなく数社で取る事でより条件がよく、料金も安くなっていきます。役所等の変更届けに関しても早めに準備しておかないと、遠方へ引っ越すと手続きの際に出向かなくてはいけなくて負担になるので、日程をきちんと決めて準備をしていって下さい。

どれだけ荷物の量が減らせるかが決めて

仕事や学校など引越し先は決まっているので、長距離になることが分かったらまずは荷物をどれだけ減らせるかで料金が変わると思っていいでしょう。家具や家電などはよほど愛着があるものでなければ、持っていくよりすっきり処分して新たに購入する方が安くなる場合もあります。今はリサイクルショップもたくさんありますし、オークションやフリーマーケットを活用すれば、多少は還元されるので利用できそうならしておくとよいでしょう。荷物の全てを業者に運んでもらうのではなくて、細々としたものであれば宅配便も併用する事で量を減らす事ができます。すぐに必要なものもあれば、後から買い足してもいいものもあるはずです。荷物もじっくり吟味して処分をしながら、早めに準備を済ませてしまいましょう。

移動日やプランも比較して選ぼう

長距離の引越しはとにかく高いと決め付けず、いろんな業者を利用してWEBや訪問で見積もりを取ってもらいましょう。土日祝日か平日に移動するのか、繁忙期かそれ以外の時期なのかでも1.5~2倍ほど変わることがあります。利用する便も業者によっていろいろありますが、他の人と一緒に運んでもいいのであれば混載便を利用する事で費用を抑えることもできます。オプション作業の利用も増えればそれだけ料金が加算されていきますので、荷物の量や作業できる日数も考えながら利用の有無を決めましょう。自分でできることはしておくと、その分だけ安くなると思って差し支えありません。見積もりを取った時には、作業料金内でどこまでしてくれるのか、分からないことがあれば聞いておいて納得してから依頼をすると安心です。