長距離 引越し

比較して選びたい長距離の引越し業者

引越しは距離に応じて費用が高くなりますので、他県にまたがるような長距離の場合は、慎重に業者を選びたいものです。というのは業者によって費用がかなり異なってくるからです。では、どの業者を選んだら良いのでしょうか。業者に選定に関しては、初めから特定の業者を決めてかかるよりも、複数の業者から見積もりをとって費用を比較してみるのが最も効果的です。費用を比較すれば、その違いが一目瞭然となるからです。見積もりを比較する際には、内容もよくチェックすることが大切です。ある業者では無料サービスになっているものが、他の業者では有料オプションとなっていたり、スタッフの数が1人少なかったりなど、色々と違いがあり、それが費用の差となっていることも少なくないからです。

一括比較サイトを利用すると便利

複数の引越し業者から見積もりを取る場合、直接電話をかけて見積もりに来てもらう方法のほか、インターネットの一括サイトなどを利用するのも便利です。一度の申し込みで複数の業者に見積もりの依頼を行うことができます。引越し費用に関わってくるのは、荷物の量と運送距離です。もちろん荷物の量が多くなるほどに、また運送距離が長距離になるほどに費用は高くなってきます。また、時期によっても費用は大きく異なります。繁忙期は通常よりも割り増し料金となりますが、繁忙期の設定は業者によって多少異なります。有料オプションの有無によっても費用は上下します。荷造りから荷ほどきまで全部自分で行えば費用を抑えることができますが、仕事で忙しく荷づくりをする時間がない方は業者にお任せするのも手です。

業者同士の作業の質の比較は難しい?

長距離の引越しの場合は、全国をカバーしている業者である必要があります。そうなってくると、選ぶことができる業者は限られてきます。荷物を出すときは地元のスタッフが行い、現地ではその地域を担当しているスタッフが家に荷物を運ぶことになります。丁寧な作業をしてくれる業者を選びたいところですが、どこの業者が丁寧な仕事をしてくれるかということは難しいです。どこでもアルバイトを大勢雇っており、正社員の指示に従って動いています。人気のある業者は1日に何軒かかけもっていることもあり、そのような場合は時間的な余裕がないので、煩雑になってしかも可能性があります。しかし、同時に作業が手慣れているともいえます。そのため噂であの業者は良いあるいは良くないと耳にすることがあっても個々のケースによって事情は異なると考えるべきでしょう。

長距離 引越し

長距離で引越しをする際に注意したいこと

引越しをすることになったら、まずは業者を決めなければなりません。業者によってサービスの内容や料金体系は異なりますので、複数の業者を比較して選んでいくことで自分にとって納得のいく業者選びができます。最近はネットでの一括見積サイトがありますので、まずは相場観を養うために利用してみるとよいでしょう。料金は、距離、スタッフの数、日程によって決まってきます。繁忙期といわれる3月は最も料金が高く混雑します。続いて7月と8月も混雑する時期ですので、この時期にどうしても移動をしなければならない場合は、なるべく早く業者を押さえる必要があります。特に土日を絡めた週末や月曜日は一週間の中でも最も混雑します。逆に言えば、3月や夏休みを外した時期で平日を選べば、料金は安くなるとが多いです。

長距離での引越しを安く済ませるコツ

長距離の場合は距離が遠くなる分、どうしても近距離に比べると高くなってしまいますが、その中でも工夫を行うことで安い料金にすることが可能です。料金を抑えたければ、複数の業者から見積もりを取ることが欠かせません。業者によって同じ距離を移動するのでもスタッフの人数が違う場合があるからです。スタッフが増えれば当然のことながら料金は高くなります。長距離で移動する場合は大手の業者を選ぶのがおすすめです。大手の場合は料金が高めというイメージがありますが、実際はそうでもありません。大手の場合は、出発から到着までを自社の運送網で行います。しかし、中小の業者の場合は地元密着の場合が多く、遠距離で移動する場合は仲介業者を経由することも多くなり、結果的に支払う金額が高くなることもあるからです。

長距離で引越しをする際に注意したいポイント

業者に見積もりを取る時にはできれば訪問見積もりを依頼しましょう。自己申告で行った場合に荷物の見落としや申告漏れがあると、当日手配してもらったトラックにすべての荷物が乗り切らないという事態が起こる可能性があります。訪問見積もりで直接営業スタッフと話しをすることで、業者のサービス内容や何を重視しているのかを詳しく知ることができます。移動の距離が長い場合は、荷物を積み出した日のうちに荷物が到着することはありません。早くて翌日になりますし、仲介業者を経由したり安いプランを利用した場合は日にちがかかることがあります。そのため、すぐに使う荷物は自分で運ぶかあらかじめ段ボールにまとめて宅配便で送るなどの手配を行いましょう。距離が遠い分、どうしても料金が高めになってしまうので、なるべく荷物を減らすことも料金節約のためには大切なポイントです。余計なものを処分して移転先に持ち込まないようにしましょう。